ニュースライフスタイル

人工知能が花の種類を自動分類する[ハナノナ]via flowers.stair.center

STAIR Lab. / ステアラボ 千葉工業大学 人工知能・ソフトウェア技術研究センター

最終更新日 :

Screenshot of flowers.stair.center

千葉工業大学人工知能・ソフトウェア技術研究センターはディープラーニングで学習した人工知能が花の種類を自動分類する[]を開発し、アプリ版を4月10日(金)にリリース

開発概要

モデル

認識で用いたディープラーニングのモデルは201層のニューラルネットワークから構成されている DenseNet-201 です。
http://openaccess.thecvf.com/content_cvpr_2017/papers/Huang_Densely_Connected_Convolutional_CVPR_2017_paper.pdf

データセット

花の画像はImageNet(http://www.image-net.org)の中に種別に集められている花画像をダウンロードして使用しました。しかしこれだけでは日本で馴染みのある花が少ないので、別途ネットからも直接集めました。現状770種類の花々の写真 約35万枚を保有しています。

性能

それぞれの種類ごとに50枚のテスト画像を用意して性能を計測したところ
top1 accuracy = 86.4%
top5 accuracy = 98.3%
となっています。

 

【iPhoneアプリ版】
https://apps.apple.com/jp/app/%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%83%8A-app/id1490984087?mt=8

Tags
Show More

ROJIN

[ デザイナー ] [ 写真家 ] [ JEAN inc. / クリエイティブ・ディレクター ] [ Purejapan Digital Works inc. Head Office (アメリカ・デラウェア州) / 代表取締役社長 ] [ Purejapan Digital Works inc. Japan branch (東京・渋谷) / COO ] [ 長崎エキスパートバンク / IT部門 専門家 ]

コメントを残す

Back to top button
Close
Close