運営より

島原・南島原・雲仙 Google検索における関心度比較 トレンド via 島原旅人

最終更新日 :

過去一か月の間に「」「」「」のワードを含むキーワードを使いすべてのカテゴリでウェブ検索されたアクションで3市の比較を前提で表したグラフ。実際のアクセス数及びランクでは有りませんので、各市に対するこの一か月間のユーザーの関心度レベルと言う事になります。こう言うデータは各市では絶対に出さないと思いますし、そういうデータは調べないでしょう。観光とかに力を入れたいのは分かるんですが、今この時期に、身を削った独自の支援を出すことによって市のPRになるとこも考えてほしい。

人気度の動向
数値は、特定の地域と期間について、グラフ上の最高値を基準として検索インタレストを相対的に表したものです。100 の場合はそのキーワードの人気度が最も高いことを示し、50 の場合は人気度が半分であることを示します。0 の場合はそのキーワードに対する十分なデータがなかったことを示します。

今回は相対的な比較グラフの掲載となります。

新型コロナウイルスに関するトレンドは。

また新型コロナウイルスの関心度は4月25日から平坦に戻っています。正直これは真に受けることは出来ないですね。多分Googleで規制が入ったのだと思います。実際にこの時期YOUTUBEでコロナの話題をする動画は広告収入を剥がされると言う規制が入りました。

Tags
Show More

ROJIN

[ デザイナー ] [ 写真家 ] [ JEAN inc. / クリエイティブ・ディレクター ] [ Purejapan Digital Works inc. Head Office (アメリカ・デラウェア州) / 代表取締役社長 ] [ Purejapan Digital Works inc. Japan branch (東京・渋谷) / COO ] [ 長崎エキスパートバンク / IT部門 専門家 ]

コメントを残す

Back to top button
Close
Close