ひとりごと長崎県

人生には無駄なことはひとつもない via 遠藤周作文学館

遠藤周作未発表小説「影に対して」

最終更新日 :

あなたのテレヴィジョン、丸洗いしませんか?

...失礼。

はじめまして、ウォッシャヴル・テレヴィジョンです。

あなたのそのビジョン、丸洗い請け負いますよ。

これまた失礼。

自己紹介はほどほどに。

 

7月10日発売の『三田文學』夏季号に掲載される遠藤周作未発表小説、その名も「影に対して」

 

遠藤周作未発表小説「影に対して」の発見について

 

長崎市遠藤周作文学館の寄託資料から、遠藤周作の未発表小説「影に対して」が見つかりました。

今回発見されたのは、未発表小説「影に対して」の草稿2枚と秘書による清書原稿104枚です。

本資料は、2020年7月1日からリニューアルする開館20周年記念企画展において初公開します。

 

 

そして同じく7月から公開の、文学館開館20周年を記念した「遠藤周作 珠玉のエッセイ展」

ーー人生には無駄なことはひとつもないーー

 

 

ほら、ワクワクしてきた。

この夏は私、ウォッシャヴル・テレヴィジョンと一緒に遠藤周作で心を丸洗いしませんか?

素敵な作品、そろってますよ。

文学館から見える夕日も素敵ですので、是非に。

 

遠藤周作文学館のホームページはこちらから

http://www.city.nagasaki.lg.jp/endou/

 

 

Show More

コメントを残す

Back to top button
Close
Close